マイカーローンは担保が必要な商品と不要な商品がある

車のスピードメーター

自動車は高額なものですので多くの人が購入する際にはマイカーローンを利用します。

このマイカーローンは、会社によって担保が必要な商品と不要な商品にわかれますので、選ぶ際には気を付けなければいけません。

まずディーラー系のマイカーローンを組む場合、一般的に車を担保にしてローンを組むというシステムになっています。

そのため、審査は比較的通りやすく、またスタッフも親切にアドバイスをしてくれるため、はじめてローンを組むという方にも安心といえます。

ただし、若干、金利が高いというデメリットがあります。

次に銀行系のマイカーローンを組む場合、多くの場合は、無担保でローンを組むことができますし、ディーラー系のローンに比べて低金利というメリットがあります。

ただ、銀行側には契約者がきちんと返済をしてくれるという保証がありませんので、契約前にディーラー系のローンよりもシビアな審査が行われることとなります。

ですので、収入面などに不安があるような場合は、一度、ネットから仮審査の申し込みを行ってみることがおすすめです。

シビアな審査といっても銀行によって審査基準は違いますので、一つの銀行の審査に落ちても他の銀行なら通る可能性もあります。

仮審査はあくまで審査基準を満たしているかどうかの目安であり、記録に残るようなことはありませんので、複数の銀行を試してみるとよいでしょう。

このようにどちらのローンも一長一短がありますので、自分の返済プランに合わせたローンを選ぶことが大切です。

仮審査が受けられるマイカーローンはこちらを参考にして下さい。>>審査が早いマイカーローン

 

 

借りたいローンと借りられるローンが違う!

オートローンの審査について情報収集している人で「オートローン審査甘い」「オートローン審査緩い」などで検索している人が注意しなければならないことを説明にします。

オートローンの審査内容・審査基準については一般的には公開されていません。
なので審査が甘いや審査が緩いと言うことで検索しても、有益な情報を得るのは難しいと思います。

ではどうやって審査についてのハードルを調べるのかというと、ひとつの参考にできる数値として【金利】が挙げられます。
それぞれのオートローンサービスによって金利は違います。

これはどういう事かというと、金融機関側は信用力の高い人には低金利で、逆に信用力の低い人には高金利で貸し出そうとするためです。

信用力の高い人は返済トラブルの可能性が低いので、金利を低くしてでも貸し出しをしたり対象となります。

信用力の低い人は返済トラブルの可能性があるので、リスクヘッジのためにも金利を高くし貸し倒れに対する損失を少なくしようとするのです。

信用力は、その人の年収・職業・勤続年数・返済履歴・他などから総合的に試算するもので、各金融機関によって異なってきます。

そう言う意味では、「審査が甘い」「審査が緩い」と言う事は「金利が高い」ということです。

自動車購入においてどうしてもオートローンからの借り入れが必要な場合は、金利比較をして借入れ先を選ぶのではなく、自分の信用力を確認して借りられるローンサービスを探すようにするのがお勧めです。

低金利のオートローンを借り入れしたいからといって、貸付条件をクリアしていないのに申し込んでいると審査落ちすることになります。

審査落ちすれば申し込みブラックという状況になり、今後のローン借り入れに悪影響を及ぼします。

借りたいローンと借りられるローンが違うことをしっかりと認識して、借入れ先を探しましょう。